考える

考えるということは、なんと素晴らしいことでしょう。 考えるかぎりにおいて、 人間は完全に自由です。

創造的思考のプロセス

  1. 準備期:さまざまな知識や体験の蓄積。 素材が頭のなかに充電されている段階。
  2. 孵化期:頭の中の記憶が自由に組み合わされ、結び付けられるような熟成段階。
  3. 啓示期:創造的思考が爆発する瞬間。 思考の素材が自由に組み合わせられて意外なひらめきやアイデアを創出。
  4. 検証期:啓示期で得られたアイデアを分析し、外的条件と結びつける段階。

創造はシステムである

数学的思考力

物事の仕組みをひとつひとつ整理して考えることができる能力です。  いわば、情報をフローチャートにまとめることができる能力を指します。

フローチャート

塾に通う子供が増えた

ひとりで食事をとる子供が増える

ファーストフードで食事をすませることが多くなる

子供の肥満が増える

運動能力の低下をまねく

※フローチャートの例

わかりやすさとは

わかりやすくないと人を納得させることができません、 つまり人の心を動かすことができないのです。

わかったつもりになっていないか

人にキチンと説明できるという状態になって、はじめてわかったということができます。  つまり、わかったということは、伝えられる事と同じです

わかりやすさの度合い

10人いれば10通りの「わかった」があって、本当の意味でわかっているのは1人だけだったりもします。

思考の歩幅

論理を細かく丁寧に展開しすぎると、全体が見えにくくなってしまいます。  わかりやすくしたつもりがかえってわかりにくくなるのです。


仕事+勉強=お金top > 勉強法 > 考える

© 仕事+勉強=お金

上へ