日本歴史年表

時代 特徴・生活

旧石器

30000年前~

洞窟に住み狩りや木の実を採取。 打製石器(別名旧石器)はパッと見普通の石。 細石器を槍に埋め込んで狩猟する。

この時代、日本列島に人は住んでいないと思われていた。

1949年、日本ではじめて旧石器が発見され、人がいたことがわかる。 発見者は相沢忠洋

縄文

13000年前~紀元前400年

土をこね、土器を作った。 網目模様があったので縄文土器という。 だから縄文時代。 磨製石器(新石器)も使われる。

土器の出現により、煮る調理法が確立され又、貯蔵もできるようになる。  貝塚は生ごみ捨て場。

竪穴住居にに住み集団生活。 木の実の採取。 水辺では魚、貝を採取。 弓矢の発達。

身分、貧富の差がなかったと思われる。 近隣の村と交易す。

土偶が発掘される。

弥生

紀元前300年~200年

薄手のすっきりとした弥生土器が作られるようになる。

この頃中国は戦国時代であり、争いを避けた人々が海を渡り、日本にやってきた。 同時に稲作(米作り)が伝わる。 青銅器も伝わる。

稲作の米を高床倉庫に保管。 保管量の差で貧富が生まれる。 稲作は共同作業が不可欠。 統率するためにリーダーが生まれる。 宗教的指導者も。

やがて村が形成され、争い、まとまり国ができる。 卑弥呼が邪馬台国の女王となり戦乱収まる。 石器作り専門の村が現れ、米や装身具と物々交換された。

この頃中国には文字があったが、日本にはなかった。

この時代の遺跡として、佐賀県の吉野ヶ里遺跡が知られる。

古墳

200年~6世紀末

古墳が作られるようになる。 古墳の周囲には埴輪が置かれた。

大和朝廷が近畿を中心に東北南部、九州まで支配下に。

大阪堺市の大仙古墳は世界最大級の古墳。

百済より五経博士来たる。

大和政権が伽耶の一部を百済に譲る。

朝鮮半島で伽耶が新羅に滅ぼされる。

飛鳥

6世紀末 - 710年

朝鮮半島白村江の戦いで、日本と百済の連合軍が、唐と新羅の連合軍に敗れる。

百済から仏教が伝来。聖徳太子と蘇我氏により遣隋使派遣・冠位十二階制定・十七条憲法導入。

代表的な建築物は法隆寺。 彫刻では釈迦三尊像、百済観音像。 工芸品では玉虫厨子。

法隆寺は現存する世界最古の木造建築といわれる。

高句麗の僧より紙と墨の作り方伝わる。

全国的な戸籍「庚午年籍」が作られる。

天武天皇が薬師寺を作る。 国の歴史をまとめる事業も始める。

大宝律令ができる。

和同開珎が作られる。

奈良

710 - 794年

奈良に平城京が置かれた。 東大寺の建立 古事記、日本書紀、風土記、万葉集が編まれた。

人々は良民と賤民に分けられた。 農民たちは租庸調の重い税に苦しんでいた。

古事記の記は日記の記、日本書紀の紀は世紀の紀。 奈良時代の文化は聖武天皇の頃の年号にちなんで天平文化と呼ばれる。

東大寺大仏の開眼供養が行われる。

東大寺に正倉院ができる。

鑑真により唐招提寺が建てられる。

平安

794 - 1185年

794年、桓武天皇が平城京にかわり、京都に平安京を建立。 千年以上の間、日本の都になる。 江戸時代までずっと都は京都。

遣唐使として留学した二人の僧が、新しい仏教を伝えた。 最澄の天台宗と、空海の真言宗。 これらは密教と呼ばれ、山に寺を作ってこもり、悟りを目指す。 最澄(伝教大師)は比叡山に延暦寺を、空海(弘法大師)は高野山に金剛峰寺を建てた。

桓武天皇は徴兵制を廃止、健児という制度を採用した。 郡司と呼ばれる地方の役人の子の中で、馬術や武芸に長けた者を集めて軍隊を組織。 これにより、農民は軍隊に属さなくてもいいようになった。

遣唐使の廃止。

清少納言の枕草子。

紫式部の源氏物語。

坂上田村麻呂の蝦夷征伐。 彼は征夷大将軍という称号をもらい、清水寺も建立した。

田楽大流行。

今昔物語ができる。

平清盛が平家納経を厳島神社におさめる。

平清盛が三十三間堂を建てる。

梁塵秘抄ができる。

鎌倉

1185年 - 1333年

壇の浦の戦いで、平氏が滅ぶ。

源 頼朝が征夷大将軍となり、鎌倉幕府をひらく。

幕府と朝廷が対立し、承久の合戦がおこるが、幕府が勝ち、京都に六波羅探題が作られる。

地方を治めるために守護と地頭を設置。

マルコ・ポーロが東方見聞録を口述。

新古今和歌集、小倉百人一首、方丈記、徒然草、平家物語が編まれる。  建築では金剛力士像、東大寺南大門等。 親鸞の浄土真宗、日蓮の日蓮宗。

封建制度。

チンギス=ハンがモンゴル帝国を築く。 チンギス=ハンの孫フビライ=ハンは、 中国の風習を取り入れ国に名をつけた。 それが元。

文永の役がおこり、元、高麗連合軍が博多湾に上陸。 だが暴風雨で退散。

弘安の役がおこり、再び元、高麗連合軍が博多湾に現れたが、暴風雨で退散。

足利尊氏が、六波羅探題を攻め落とす。

足利尊氏が、後醍醐天皇にそむいて挙兵する。

室町

1336 - 1573年

足利尊氏が光明天皇をたてて室町幕府を開くが、後醍醐天皇は奈良県に南朝をひらく。

後醍醐天皇は、自らが中心となる政治(親政)を開始した(鎌倉幕府滅亡後)。 これを建武の親政という。 これに不満を持つ武士の声を代表したのが、足利尊氏で、手を尽くし光明天皇を誕生させ、征夷大将軍に任命されたのち幕府を開いた。 これが後の室町幕府。

足利尊氏が、天竜寺船を元におくる。

水墨画の天才、雪舟現る。 御伽噺が盛んに。 能、狂言等。 太平記ができる。

南北朝の対立する1336~1391は、天皇が二人いたので元号もふたつある。

南朝と北朝が合体。

倭寇という日本人の海賊出現。

足利義満が、明に使者をだし、日本国王と認められる。

世阿弥が風姿花伝をあらわす。

日本と明の勘合貿易がはじまる。

応仁の乱が10間続く。 戦いは地方へも飛び火。

一休宗純が大徳寺の住職になる。

戦国

1493 - 1573年

各地で身分をものともせず、実力で領地を広げる戦国大名が登場する。 戦国大名は、自分の領地だけに適用する独自の法律(分国法)を持っていた。 戦国大名たちは城を築き、周辺に町を作った。 それが城下町。

織田信長の登場、戦国時代の終結へ向かう。

武田信玄と上杉謙信が、信濃をめぐって争った川中島の戦い。 4、5回行われた。

楽市楽座と関所の廃止。

太閤検地。

刀狩。

種子島に鉄砲を持ったポルトガル人が流れ着いた。 鉄砲はその後全国に広まり、わずか数年で自分たちで生産できるようになった。

鹿児島にフランシスコ・ザビエルがやってきて、キリスト教を日本に伝えた。 

織田信長が延暦寺を焼き打ちにする。

武田信玄が三方原の戦いで徳川家康を破る。

武田信玄亡くなる。

足利義昭が将軍の座を追われ、室町幕府滅ぶ。

安土桃山

1573年 - 1603年

織田信長が近江に安土城を作る。 その城下町を楽市楽座とする。

上杉謙信亡くなる。

織田信長、本能寺の変で明智光秀に殺される。

豊臣秀吉が、明智光秀を討つ。

豊臣秀吉、太閤検地をおこなう。 大阪城を作る。 刀狩令をだす。 身分制度を定める。 明を征服するために文禄の役を起こす。 その後慶長の役をお越し、再度朝鮮に兵を出す。

豊臣秀吉は日本史上最高の出世をとげた。

秀吉亡くなり、朝鮮から兵を引き上げる。

茶の湯を大成した千利休。 後に切腹させられる。

出雲の阿国がはじめた阿国歌舞伎が人気だった。

洛中洛外図。

姫路城。

徳川家康の東軍が、石田光成の西軍をやぶる関ヶ原の戦い。

家康朱印船貿易はじめる。

江戸

1603~1867

徳川将軍家が日本を統治していた時代。 徳川家康が江戸幕府を開始。

家康が秀忠に将軍職をゆずり、大御所になる。

江戸城本丸完成。

家康大坂城をせめる大坂冬の陣。

家康再度大坂城をせめる大坂夏の陣。 これにより豊臣氏滅ぶ。

家康、武家諸法度、禁中並公家諸法度を制定。

綱吉五代目将軍になる。 生類憐みの令を出す。

松尾芭蕉、奥の細道の旅に出る。

赤穂藩主、浅野長矩が江戸城内で吉良義央に切り付け、切腹させられる。 その後赤穂浪士が吉良亭にうちいり仇討。

富士山大噴火。 宝永山ができる。 駿河、相模に灰が降り作物被害。

武家諸法度改訂

八代将軍、徳川吉宗が享保の改革はじめる。

幕府目安箱を設ける。

享保の飢饉おこる。 米の値段があがり、打ちこわし勃発。

杉田玄白『解体新書』を出版。

平賀源内エレキテルの実験を行う。

天明の飢饉はじまる。

浅間山大噴火。

幕府はキリスト教禁止令を出し、宣教師を長崎に追放。

鎖国令により、外国船の入港を長崎に限定し、日本人の渡航と帰国を禁じる。 ポルトガル船の来航を禁ず。 オランダ商館を出島に移す。

アイヌのシャクシャインの戦いがおこり、松前藩がしずめる。

参勤交代により各大名に経費を使わせ反発できないようにする。

幕府は士農工商という身分差別を実施。 農民の暮らしは大変だったが、その不満をそらすために工商よりも上に置いた。 さらに、えた、ひにんへの差別も行った。

1637年、島原でキリスト教徒を中心とした一揆が起きた。 これを島原・天草一揆という。 一揆のリーダーは天草四郎。

18世紀半ばから、通商を求めてロシアの船がやってくるようになった。 1792年にロシアに漂着した大黒屋光太夫を根室に送り届けたラスクマンが通商を求めたが、幕府はこれを拒絶。

間宮林蔵に蝦夷地(現在の北海道)の調査を行わせた。

大塩平八郎の乱起こる。

シーボルト事件起こる。

伊能忠敬の大日本沿海輿地全図完成。

19世紀に入り、イギリス、アメリカの船もやってくるようになったので、異国船打払令を出し、鎖国を守った。

1836年、天保の大飢饉が起きた。

1853年、アメリカのペリーが四隻の黒船で浦賀に来航。 鎖国中の日本にとっては法令無視の事。 日本が開国するよう求めたアメリカ大統領フィルモアの書を受け取るが、とりあえず一年待つよう伝えた。 ペリーは翌年、七隻の軍艦を率いて横浜沖に来た。 幕府はやむを得ず日米和親条約を締結した。 1639年以来215年続いた鎖国状態が終わりをつげた。

1858年、アメリカ総領事のハリスが日本に貿易をはじめるための条約を結ぶよう要求。 井伊直弼は日米修好通商条約を締結した。 この条約で、アメリカに治外法権、領事裁判権を認めてしまった。 さらに関税自主権を日本が持たないという条約も。 その後日本は、同じように自国にとって不利な条約をイギリス、オランダ、フランス、ロシアとも結ばされた。 これらをまとめて安政五か国条約という。

生姜事件:横浜の生姜でイギリス人を薩摩藩士が切った。 その復讐としてイギリスは艦隊を鹿児島湾まで派遣して市街地を砲撃、薩摩藩と戦争になった。 結果幕府が賠償金を貸してやり、薩摩藩がイギリスに頭を下げて終結。 これを機に攘夷(外国人を排除する思想)をあきらめ、幕府を倒すことにする。

下関事件:長州藩は下関に砲台を設置し、海峡を通過する外国船に攻撃を開始した。 これに怒ったアメリカ、イギリス、オランダ、フランスは連合艦隊を組織して砲台を占拠した。

1866年 薩長同盟:薩摩藩の西郷隆盛と長州藩の木戸孝允が倒幕ために協力すると誓い合った。 坂本竜馬の必死の説得によるもの。

1867年、大政奉還。 幕府をやめ、天皇に政権を返すことにした。

農民や被差別階級の人たちの生活は苦しかった。

江戸時代をマスターするための呪文

いえやす いえみつ つな あらい よしむね たぬま てんめい ききん さだのぶ てんぽう おお みずの ぺりー なおすけ よしのぶ ほうかん

明治

1868年 - 1912年

江戸幕府が終わりを告げ、新しい政治が始まった。 トップは明治天皇(形式的に)。

西郷隆盛、大久保利光、木戸孝允が明治維新を成し遂げた。

王政復古の大号令

戊辰戦争:新政府と旧幕府の戦い。 日本内乱。 江戸の無血開城が勝海舟、西郷隆盛によってなされた。

五箇条の御誓文。

明治政府は富国強兵を提唱。

西南戦争。 西郷の自害で幕。

榎本武揚が箱舘の五稜郭にたてこもるも、新政府に降伏。 戊辰戦争終焉。

平民に苗字が許される。 刀を持つことを禁止。

藩を廃止し、県とする廃藩置県を行う。

富岡製糸場操業開始。

徴兵令がだされる。

外国人接待用に鹿鳴館が作られる。

内閣制度が作られ、伊藤博文が初代内閣総理大臣になる。

1889年、大日本帝国憲法発布。

日清戦争で清に勝利。

日露戦争。

辛亥革命。

1910年、日韓併合条約。 各国は国際法上日本の領土となる。

足尾銅山鉱毒事件。

夏目漱石『坊ちゃん』を発表。

伊藤博文がハルビンで暗殺される。

大正

1912 - 1926年

大正デモクラシー(民主主義)。

第一次護憲運動。

民本主義。

1914年、サラエボ事件により第一次世界大戦勃発。 ヨーロッパが主戦場であり、日本には関係のな戦争だったが、無理やり参戦し、中国に出兵する。 この戦争の新兵器として、飛行機、戦車、毒ガス、潜水艦がある。

ドイツは当時自分たちだけが持っていた潜水艦で敵国であるイギリスを取り囲む無制限潜水艦作戦を行った。 それによりアメリカも参戦し、連合国が有利になった。

1917年、ロシアでレーニンによる革命が勃発。 ロシアは崩壊し、ソビエト社会主義共和国連邦が成立。 この革命は、王様はいらないという革命であり、王様がいる諸国にとっては、それが脅威となってしまうので、協力して革命政府を倒そうとした。 それがシベリア出兵。

中国に対して21か条の要求を出し、認めさせる。

1918年、人類最初の世界大戦は終わった。 1919年にベルサイユ条約。

国際連盟の設立。 本部はスイスのジュネーブで、42か国でスタートした。 第二次大戦を阻止できなかった。

社会主義:平等第一の考え方。 国民が生産した物や金をいったんすべて国のものとし、それを皆に同量ずつ分配するもの。 色んな国が社会主義国となるが、いずれも失敗に終わった。 サボッた人が得をしてしまう仕組みであり、資本主義以上の貧富の差ができた。

北朝鮮は国家元首を世襲(選挙ではなく同じ一族に跡を継がせること)しているが、本来社会主義ではあってはならないこと。

1918年、富山の魚津で米騒動がおこった。

1920年、第一回メーデーが開催。 メーデーは5月1日のことで、労働者の祭典。

1923年9月1日の正午頃、関東地方でM7.9の大地震が起こった。 関東大震災。 10万人を超える死者がでた。 朝鮮人暴動のデマが飛び、数千人の朝鮮人と数百人の中国人が殺害される。

1925年、普通選挙法の制定。 同時に世にも恐ろしい治安維持法も制定。 

金融恐慌がはじまる。

わずか15年。

昭和

1926年 - 1989年

1931年、満州事変。 満州の鉄道で爆発が起きた。 満州駐在の陸軍(関東軍)は、これを中国軍のしわざとして、報復。 内閣の方針も無視し、満州全域を占領した。 じつは爆発は関東軍の自作自演だった。 ※事変:宣戦布告のない正式でない戦争。

1932年、日本は清朝最後の皇帝、愛新覚羅溥儀を担ぎ出し、満州国を建国する。 これは明らかな侵略行為で、満州国は日本の操り人形だった。 これをきっかけに、日本は国際的に孤立。

1932年5月15日、海軍の青年将校が首相官邸に乱入、首相犬養毅を暗殺した。 515事件。

1933年、日本は国際連盟を脱退した。 中国は満州国について日本の侵略行為だと国際連盟に訴えて、中国の言い分を認めた。

1936年、二二六事件。 陸軍の青年将校が相次いで要人を襲撃。 大がかりなクーデターだった。

1937年、日中戦争。 満州中国国境付近で陸軍と中国の対峙が続いており、中国軍からの発砲をキッカケに全面戦争へ。 国益のためではなく、軍の利益の為の愚かな戦争だった。 やがて軍は日本を破滅へ追いやることに。

1938年、国家総動員法の制定。 戦争の為なら国家が全ての人的物的財産を自由にできるというもの。 国民の財産も政府が自由に没収、利用できるようになった。 何でもありの様相。

大戦後、屈辱的なベルサイユ条約を受け入れ復興を目指していたドイツ。 ヒトラーの制作でベルサイユ条約を事実上破棄し、周辺地域へ侵略を行っていた。 1939年、ドイツがポーランドに侵略すると英仏がドイツに宣戦布告。 第二次世界大戦の始まり。当初ドイツ優勢だったが、次第にかげりを見せる。

1940年、日本、ドイツ、イタリアで軍事同盟を結ぶ。

アメリカへの宣戦、太平洋戦争の開始。 中国と戦争をやっているのに、アメリカとも戦争をやることになった。 絶対やってはいけない戦争だった。 1941年、日本は真珠湾を奇襲攻撃した。 その後ミッドウェー海戦で日本は大打撃を受け、敗戦へ向かう。

1943年イタリアが連合国に降伏。 1945年ドイツ降伏。 日本は孤立。 アメリカ軍が沖縄上陸、10万人の犠牲者がでた。

1945年3月~5月にかけて東京をはじめ各都市への大空襲がはじまり、東京の半分が焼野原になる。 戦争どころではないのに政府も軍部も手を打たない(責任を問われるから)。

1945年7月、アメリカ、イギリス、中国が日本に対し降伏を勧告するポツダム宣言を出した。 しかし政府はこれを黙殺。 8月、広島へ原爆投下。 ソ連が対日宣戦を布告。 長崎に原爆投下。 8月15日にポツダム宣言を受諾、降伏した。

降伏の後、GHQによる占領開始。 マッカーサーは日本の弱体化、民主化を図った。 軍隊の解散、軍事産業のストップ。 財閥の解体。 農地改革。 天皇の人間宣言。 選挙法の改正により女子が選挙権を得る。 労働組合法の制定。

GHQ指導のもと、大日本帝国憲法の修正案が議論された。 日本側の出す案にGHQはいらだち、自ら改正案を作成、政府に提示した。 これが日本国憲法となる。

1945年、第二次世界大戦と国際連盟の反省から国際連合が設置された。

アメリカを中心とする資本主義諸国(西側)とソ連を中心とする社会主義国(東側)の間に対立が起きた。 これを冷戦という。 西側はNATOと組織、東側はWTOを発足。 ドイツはアメリカが支援する西ドイツとソ連が支援する東ドイツに分断され、首都ベルリンも東と西に分断された。 東西の間にはベルリンの壁が作られた。

冷戦は第二次世界大戦まで日本の領土であった朝鮮半島にも影響。 北にはソ連が支援する北朝鮮が、南にはアメリカが支援する大韓民国が建国された。 両国間で1950年、朝鮮戦争勃発。

朝鮮戦争が起こると、アメリカはそれまでの日本の占領政策方針を180度転換。 日本の弱体化を目標としていたが、共産主義に対する防波堤(世界地図を見れば明らか)として利用しようと考えた。 しかし日本には平和主義、武力の放棄を定めた日本国憲法がある(アメリカが押し付けたもの)。 なので軍を組織させることはできなかったが、治安維持の名目で警察に武装させた部隊を作ることにした。 これが警察予備隊であり、後に自衛隊となる。

朝鮮戦争時、アメリカは戦争に必要な品々を日本に生産させ、大量購入したために日本は奇跡の復興への道をたどる(朝鮮特需)。 1950年、経済状態は戦前と同水準まで回復。

朝鮮戦争は1953年に休戦協定が結ばれた。 南北朝鮮が国連加盟を認められるのは1991年のこと。

ビキニで第五福竜丸がアメリカの水爆実験で被ばく。

1965年に大韓民国と日韓基本条約が締結されたが、韓国で日本は嫌われている。

1968年小笠原諸島がアメリカから日本へ返還。 1972年に沖縄もアメリカから返還。 北方領土に関しては未解決。

1972年、日中共同声明により国交回復。 その記念にカンカン、ランランが日本に来た。

1973年石油ショック。

1978年、日中平和友好条約を締結、今に至る。 その後日本は中国に金銭援助を続け、オリンピック参加や国連への加盟に協力したが、中国は国策として反日教育を行っている。

1985年、ソ連のゴルバチョフがペレストロイカという革命を起こした。 同時にグラシノスチという情報公開を進め、ソ連、アメリカが歩み寄った。

1989年、ベルリンの壁が市民により壊され、東西ドイツがひとつになった。

ジョージ・ブッシュとゴルバチョフの間でマルタ会談が開かれ、冷戦の終結が宣言された。

ソ連が崩壊し、独立国家共同体が誕生。

1929年世界恐慌:ニューヨークウォール街の証券取引所で株価が大暴落。 これをきっかけに世界中に不景気が広がった。 アメリカではニューディール政策を行い公共事業を実施し雇用を創出した。 英仏ではブロック経済。

ドイツではナチスのヒトラー、イタリアではファシストのムッソリーニが政権を握り、独裁政治を行うようになる。

国内では食料が配給制になり、本土爆撃も始まった。 学童疎開が行われるようになる。

水俣病、四日市ぜんそく、イタイイタイ病が問題となる。

田中角栄通産大臣が、日本列島改造論を発表。 後にロッキード事件で逮捕。

連続企業爆破事件。 石油危機。

東京で先進国首脳会議(サミット)が開かれる。

日本航空ジャンボ機が御巣鷹山に墜落。 520人死亡。

平成

1989年 -

雲仙普賢岳噴火。

オウム真理教による地下鉄サリン事件。

PKO法成立。 自衛隊カンボジアに派遣される。

1980年代後半から首都圏の土地の価格が高騰。 これを担保に銀行が企業や個人に多額のお金を貸し付け、そのお金で起業、投資などをやり、 日本中が空前の好景気になった。 やがて土地、株が本来の価値よりも高く評価されていることがわかり、1991年頃からバブルは崩壊。 失われた10年といわれる低迷状態に入る。

1991年の湾岸戦争。

2001年9月11日同時多発テロ。

少子高齢化が大きな問題となる。

格差社会。

2011年3月11日、東日本大震災発生。 多くの人が犠牲となる。

天文学的数字の国の借金。


参考文献:『読むだけですっきりわかる日本史』後藤 武士 、 集英社版・日本の歴史

ニホンとニッポン

日常的な場では「ニホン」と言い、あらたまった場では「ニッポン」と発音される。 国の呼び名が二通りあり、その時々で使い分けるというのがいかにも日本的な感じがする。

1934年に一度ニッポンに統一しようという動きがあったが、結局両方使われる事になった(池上彰さんの本より)。

琉球

14世紀、沖縄は琉球と呼ばれていた。

当時琉球は三つの勢力に分かれて対立していた。 北山、中山、南山。 各王たちは、大国中国にお墨付きをもらい、権威を得ようとしていた。

中国は、琉球を利用するために、無償で大型船を与えた。 理由は中国沿岸を荒らしていた海賊に対抗させるため。 東南アジア、中国、日本を結ぶ大交易時代が始まる。

1429年琉球王朝成立。

繁栄する琉球を狙ったのが日本だった。 徳川幕府の許しを得た薩摩藩は、1609年、琉球に侵攻。 薩摩に絶対逆らいませんと服従を誓わされる。 でも琉球はしたたかだった。

首里城には中国使節を迎える中国風の建物と、薩摩の役人を迎える和風の建物を建てた。 日中いずれにも属さないことをアピールした。 19世紀半ば、琉球は新しい勢力と出会うことになる。 黒船だ。 ペリーは琉球に条約の締結を迫る。 しぶしぶ調印した琉球だったが、ニセの印や架空の役職で調印するなどして、もしものときは条約が無効になるようにした。

外圧を避けるために様々な工夫をしてきたが、1879年、明治新政府が沖縄県を設置。 琉球は日本の一部となった。 1945年沖縄戦。 太平洋戦争で沖縄は戦場になった。 12万人もの県民が犠牲となった。 戦後の27年間にわたり、アメリカの統治下となった。 このように沖縄は日米中、大国のはざまで生き抜いてきた。

※探検バクモンスペシャル「爆笑問題の沖縄入門」より

備考


仕事+勉強=お金top > 勉強法 > 繰り返す

© 仕事+勉強=お金

上へ