名刺

会社のためではなく、自分自身のための名刺「自分名刺」を作りましょう。  デザイン性よりも相手に伝えることを重視して作ります。

自分分解

私は○○である」を箇条書きします。 100個ぐらいはひねり出すつもりでどうぞ。

等。

過去や未来にも目を向けると色々出ます。 あらゆる切り口で分解していき、自分の強み、 こだわりを考えながら箇条書きしていくと良いです。  書き出したら、自分をよく表していると思うキーワードをピックアップします。  そしてそれを第三者に見てもらいましょう。

自分力のたな卸し

自分分解でピックアップしたものを参考にしながら答えていきます。

趣味力

過去について
今はやっていないが、昔よくやっていたことや夢中になっていたことは?
習い事、趣味、遊びなどで、今でも続けていることは?
趣味などでお金と時間をかけてきたことは?(具体的な金額、時間も)
趣味や特技で、人から褒められたこと、頼まれたことは?
習い事をしたことによって、影響を受けた人物はいますか?
現在について
今夢中になっていることは?(その理由も)
特技は?(どんな小さなことでもかまわない)
特技を通じて人に感謝されたり、お礼の品やお金をもらったり、ご飯をご馳走になったりしたことは?
未来について
今関心はあるが、まだ手をつけていないことは?(その理由は)
もし関心があることに着手できたら、あなたにどんなメリットがある?
それが達成できたときの気分は?

今も続けている趣味、もうやめてしまった趣味。 趣味をよく見ると、自分自身が見えてきます。

仕事力

過去について
小さいときにあこがれていた職業は?
アルバイトを含めて、これまでにどんな仕事をしてきましたか?
昔、よく頼まれたことは何ですか?
仕事を通じて感謝されたことは?
現在について
今どんな仕事をしていますか?(必ずしもお金を生み出すものだけではない) それは、誰に何をする仕事ですか?
今の仕事のキャリアは何年ですか? また仕事を通じて、身についたスキルは何ですか?
今の仕事を選んだキッカケは?
仕事をしていて、どんな時が一番やりがいを感じますか?
仕事の中で、特に自分の強みだと思うことは何ですか?
これから強化していきたいことはありますか?(知識、サービス、企画力等)どのようにそれらを強化しますか?
仕事上であなたが大切にしている信条はありますか?
未来について
三ヵ月後の自分の仕事のイメージができていますか?できれいれば具体的に書いてください。できていなければ、その理由を書いてください。
半年後の自分の仕事のイメージができていますか? できていれば具体的に書いてください。 できていなければ、その理由を書いてください。
三年後の自分の仕事のイメージができていますか?できていれば具体的に書いてください。 できていなければ、その理由を書いてください。
10年後のあなたが、今の自分に話しかけています。 なんと言っているでしょうか?

自分力

過去について
今まで印象に残った、または影響を受けた人、本、言葉はありますか?
今までの人生で頑張ったこと、自分を褒めてあげたいこと、褒めてもらいたいことは何ですか?
人からよくたのまれることがあれば、それは何?
今までに諦めてしまったことは何?
自分の価値観が変わったターニングポイントは?
現在について
今うまくいっていることは何?
今うまくいっていないことは何?
うまくいっていないとき、誰に相談しますか?
憧れの人を三人挙げるとしたら誰ですか?
あなたを色にたとえたら何色?
未来について
無条件で成功するならば、何がしたい?
普段は絶対にできないことをお願いするとしたら、誰に何をお願いする?
あなたが考えただけで、ワクワクすることって何?

名刺を渡したい人物を想定する

自分が名刺を渡したい人は、こういう気持ちを持っている人だと想定し、30個ぐらい案を出します。

等。

書き出したもののうち、気になるキーワードをピックアップします。 そのピックアップしたキーワードを分析し、 共通項を見つけます。 そして具体的にイメージできる人物像を考えます。

名刺を作る

誰に渡す名刺か?

誰に渡したい名刺なのかを考えます。 仕事=自分ではありません。  趣味の仲間がほしいのか、生徒がほしいのか? 誰のために、何ができるのかを見つけます。  誰とでもつながりたいでは、誰ともつながれません。 対象を明確にします。

自分メニューを考える

相手に対して、自分は何ができるのかを考えましょう。 レストランのメニューと同じです。  品目だけ書いても伝わりません。 どんな人に向けて + どんなことができるかで考えます。

キャッチフレーズ

どんなにいい商品もサービスも、伝わらなければ響きません。 「ウチはこだわってます」 と言えばいうほど人は信用しません。 こだわりとは相手が感じる事ですので。  「マグロがない日もある寿司屋」 「誰に + 何をする人」でまとめるとわかりやすくなります。

自分を伝える3つのポイント

迅速、丁寧、リーズナブルなどという誰もが使っている言葉は避けます。  相手はどんな言葉に振り向いてくれるのか? 相手との関連性を考えましょう。

自分の伝えたいことを100文字で表す

100文字で伝えきれないことは1000文字使っても伝えきれません。

プロフィール

たな卸しで書き出したものの中から選びます。

自己紹介

自己紹介の目的

自己紹介とは、相手に贈り物をすることです。 相手の聞きたい話をすればよいのです。  場所、目的から相手の聞きたい事がわかる場合があります。

基本フォーム

自己紹介簡略版

  1. 自分の名前をフルネームで説明
  2. 自分が提供できることやお金や時間をかけてきたことを述べる。
  3. その場面で、聞き手が一番喜んでくれそうなネタを投与する。  30秒程度で話せるように手短にまとめる。

自己紹介充実版

出だしは簡略版と同じで、以下ストーリーを述べる。

過去
はじめたきっかけは(  )でした。
これまでに(  )をしたり(  )もしたことがありました。
(  )で困ったことはありませんか?私もかつてはそうでした。
現在
具体的には(  )を行っています。
最近取り組んでいるのは(  )です。
(  )が大好きで、いつの間にか詳しくなりました。
以前(  )で悩んでいた私は、同じことで困っている方の力になれると思います。
未来
今後は(  )に挑戦したいと思います。
夢は(  )することです。
将来は(  )したいです。
いつの日か(  )のような社会が実現できればいいなあと思っています。

メモ

以上後藤 光正氏の『2つの名刺を持ちましょう』よりお送りしました。 名刺を作るというよりも、 自分自身について深く考えるキッカケを作ってくださった後藤さんに心より感謝申し上げます。  是非実際本を手に取ってみてください、強くお勧めいたします。


仕事+勉強=お金index > 仕事 > 名刺

© 仕事+勉強=お金

上へ